緑内障

このページでは、緑内障の症状や、ブルーベリーに含まれる成分・アントシアニンを活用した予防法を紹介しています。

緑内障をブルーベリーで予防!

目の病気のひとつとして、知名度が高い緑内障。視神経に異常が発生し、眼球がキャッチした情報が脳にうまく伝わらず、物がぼやける、よく見えないなどの症状が現れてきます。

この状態を放置してしまうと、最悪の場合、失明の可能性もあります(日本人の失明原因第一位)。現代は治療法も発達していますが、まず日々の生活の中で予防に励む必要があります。

【緑内障の予防法】

★目の負担を減らす努力を…
PCやスマホなどの画面を長時間に渡って見続けないようにします。
仕事上やむを得ない場合は、適宜休憩を挟む(1時間中10分程度)努力を。
また暗い場所での作業や、うつむくような姿勢を避けるようにしてください。

★目に良い栄養素を補給する…
緑内障など目の疾患予防に有効な成分(アントシアニン、ヒアルロン酸など)は
日常の食生活ではなかなか必要摂取量を賄えません。
サプリメントなどで効率的に補給しましょう。

緑内障の原因

緑内障は、眼圧の異常によって視神経が圧迫され、正常に働かくなる病気です。

眼圧とは、眼球の形を正常に整えるために必要な力。眼球内部を流れる房水が司っているのですが、何らかの原因で房水が過剰になると、視神経を圧迫するようになります。

その要因ははっきりとわかっていませんが、遺伝や先天性、糖尿病や血圧異常などの疾病、そしてステロイド薬使用の影響などが考えられます。

その治療法

緑内障については、以下のような治療が行われます。

【病院で行われる緑内障の治療法】

■薬の処方…
眼圧コントロールを目的とした、点眼薬が処方され、経過を見ることになります。
複数の点眼薬を併用したり、内服薬が同時処方されることもあります。

■レーザー…
薬の処方では症状に改善が見られない場合に、採用されます。
レーザーで眼球内の「虹彩」という組織に穴をあけ、
房水の流れを変えることで眼圧を下げていきます。

■手術…
薬物/レーザーともに効果が見られなかった場合に、採用されます。
房水の流れを改善するため、眼球内の組織を一部切開します。

いかがでしょうか?症状が進行してしまうと、眼圧異常を完治させるのは難しくなっています。緑内障発生のリスク(遺伝的要因など)を抱えている人は、定期的に診療を受けるようにして下さい。また自覚症状がない場合でも、サプリメントなどで予防に努めてくださいね。

緑内障を予防改善したい!
ブルーベリー&ビルベリーサプリの賢い選び方をチェック>>

家族みんなで目の健康こだわりのブルーベリー・ビルベリーサプリ全部見せます!

CONTENTS

ページTOPへ