眼精疲労

このページでは、眼精疲労の症状や、サプリを活用した予防法を紹介しています。

眼精疲労をサプリで予防!

眼精疲労目の疲れは誰にでも経験があると思われますが、目のかすみや痛みなどの症状だけでなく、頭痛やめまい、重度の肩こり、そして吐き気などの身体反応が併発する場合は軽視できません。

医学的にも単なる目の疲れではなく「眼精疲労」と診断され、専門的な治療が行われます。

まず眼精疲労を発症しないためにも、日常生活の中で予防に努める必要がありそうです。

【眼精疲労の予防法】

★目の負担を減らす努力を…
PCやスマホなどの画面を長時間に渡って見続けないようにします。
仕事上やむを得ない場合は、適宜休憩を挟む(1時間中10分程度)努力を。
また暗い場所での作業や、うつむくような姿勢を避けるようにしてください。

★目に良い栄養素を補給する…
目の疾患予防に有効な成分は、日常の食生活ではなかなか必要摂取量を賄えません。
サプリメントなどで効率的に補給しましょう。
特に積極的に摂取したいのは、以下の成分です。

  • アントシアニン…強い抗酸化力で目の老化予防に役立つほか、
    網膜のたんぱく質の再合成に役立つ。
  • ルテイン…強い抗酸化力で、光ダメージを軽減。
  • コラーゲン/ヒアルロン酸…目の潤いキープに役立つ。
  • ビタミンC…強い抗酸化力で、目の老化予防に役立つ。

眼精疲労の原因

眼精疲労は、日常的な目の酷使によって誘発されますが、背後に病気が隠れている場合もあります。緑内障や白内障が気づかないうちに進行し、眼精疲労というかたちで現れてくる場合があるのです。「疲れ目」と言い切れない症状が伴う場合、まず専門医の診療を受けてください(すでに自覚症状のある近視や遠視、そして乱視が原因の場合もあります)。

また新調した眼鏡やコンタクトレンズが、症状を招いているというケースも考えられます。さらに風邪や自律神経の疾患、更年期障害や過剰なストレスなど、身体の別の要因から眼精疲労が生じることもあります。

いずれの場合でも、眼精疲労の症状がさらなるストレスを招いて悪化する、という悪循環に陥る可能性がありますので、早めの治療が大切です。

その治療法

眼精疲労については、以下のような治療が行われます。

【病院で行われる眼精疲労の治療法】

■薬の処方…
目の乾きを癒すための、点眼薬が処方されます。

■温罨法(おんあんほう)・冷罨法(れいあんほう)…
目を温める・冷やすを交互に行い、血流改善を促す治療法。

■眼鏡やコンタクトレンズの調整…
上記をすでに使用している患者の場合、適切な度数を探るなどの
確認が行われます。

病院によっては上記以外にも、低周波治療やその他の専門機器を用いた治療を実践し、症状の軽減に役立ててくれるでしょう。「たかが目の疲れで病院へ行くなんて…」などと軽視せず、早めの受診を検討してくださいね。

眼精疲労を予防改善したい!
ブルーベリー&ビルベリーサプリの賢い選び方をチェック>>

家族みんなで目の健康こだわりのブルーベリー・ビルベリーサプリ全部見せます!

CONTENTS

ページTOPへ