ビタミンC

このページでは、ビタミンCの「目」にアプローチする効果について調べています。

ビタミンCは「目」でどう働く?

健康維持に役立つ成分の定番・ビタミンCの摂取は目の健康にも効果的です。

【基本情報】

  • ビタミンCを含む食品…キャベツ、じゃがいも、ほうれん草、レモン、さつまいも、いちご、キウイ、柿、パイナップル、緑茶など
  • 特徴…抗酸化作用を持つ栄養素。水溶性のため、過剰摂取による副作用の心配もない。

視覚機能にアプローチする効果

ビタミンCは目の老化(老眼や白内障の発症)予防に役立ちます。
また、角膜や水晶体内のコラーゲン生成もサポートしてくれます。

体調の悪さを訴えた時、「ビタミンCを摂りなさい」と言われたことがある人は多いのではないでしょうか。そのぐらい、健康管理に欠かせない成分として一般的なビタミンです。

抗酸化力が高く、免疫力を向上させ万病を防ぐほか、ストレスに対する抵抗力もアップさせてくれます。美肌キープにも欠かせないので、スキンケア商品には定番の成分として配合されています。

もちろん、目のアンチエイジングにも効果的。体内に摂取されたビタミンCの一部は、眼球の水晶体に到達します。常に光のストレスにさらされている水晶体をサポートし、酸化による変成を防ぐのです。 そのパワーで水晶体を良好な状態をキープし続けることで、白内障リスクも軽減されることがわかっています。

また、角膜・水晶体はコラーゲンによって構成されており、その生成にもビタミンCが必要不可欠です。

ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれる成分です。体内で生成することはできませんので、日常の食事の中で意識的に摂取していく必要があります。成人男女の1日の摂取目安量は、100mg。とは言え抗酸化作用を充分発揮させるためには、その20倍の量を摂らなくてはなりません。サプリメントの力を借りながら、無理なく摂取していくと良いでしょう。

家族みんなで目の健康こだわりのブルーベリー・ビルベリーサプリ全部見せます!

CONTENTS

ページTOPへ