ビタミンA

このページでは、ビタミンAの「目」にアプローチする効果について調べています。

ビタミンAは「目」でどう働く?

健康維持に役立つ成分の定番・ビタミンAの摂取は目の健康にも効果的です。

【基本情報】

  • ビタミンAを含む食品…にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、鶏/豚レバー、あん肝、うなぎの蒲焼、しそ、モロヘイヤなど
  • 特徴…脂溶性を持つビタミン。レチノールとベータカロチン(カロテノイド)に大別される。レシチンは動物性の食品に含まれるが、過剰摂取すると副作用があるので、注意。

視覚機能にアプローチする効果

ビタミンAは目の粘膜である角膜と結膜を保護します。
またアントシアニンと同じく、ロドプシンの再合成を助けます。

ビタミンAには、人体の粘膜を保護する働きがあります。

ガイダンス眼球内で粘膜にあたる組織は、角膜と結膜。特に結膜は、涙の土台ともなる粘液を分泌して眼球が乾燥しないようにしてくれています。ビタミンAが不足すると、結膜が粘液を分泌しにくくなるため、ドライアイの症状が引き起こされていきます。ドライアイが進行すると、乾燥した眼球が傷ついてひどい痛みや障害が起こったり、角膜の上皮がはがれてしまうことも。このため、「Aは目にとって最も重要なビタミン」とも言われます。

またビタミンAは、目の網膜にある「ロドプシン」というたんぱく質の素材でもあります。ロドプシンは目に映った光の情報を脳に送り、視覚機能を働かせるという大切な役割を担っています。ロドプシンが不足すると、特に夜間は「何も見えない状態」になってしまうほど。

ロドプシンは光を受けることによって分解された後に再合成されるのですが、その素材となるビタミンAが多いほど再合成もスムーズに進みます。これは目薬の人気成分「アントシアニン」と同様の働きです。

ビタミンAはレチノールとベータカロテン(カロテノイド)に大別されますが、レチノールは過剰摂取すると頭痛や嘔吐を引き起こしたりする恐れがあります。そのため、過剰摂取しても危険性のないベータカロテンの方が推奨されています。ベータカロテンは緑黄色野菜に多く含まれており、脂溶性なので、油で調理したり、油を含むドレッシングやナッツ類などと一緒に食べると吸収率が高まります。またサプリメントで、効率よく摂取するのもオススメです。

妊婦のビタミンAの過剰摂取により、胎児が奇形になるというデータがあります。ビタミンAは食事からも摂取されますので、妊娠中の女性はサプリメントなどを飲む際には摂取量に注意しましょう。

家族みんなで目の健康こだわりのブルーベリー・ビルベリーサプリ全部見せます!

CONTENTS

ページTOPへ