ルテイン

このページでは、ルテインの「目」にアプローチする効果について調べています。

ルテインの効果を調査

目に効果的な成分として、注目を集めているのがルテインです。

【基本情報】

  • ルテインを含む食品…ケール、ほうれん草、かぼちゃ、卵黄、蕎麦など
  • 特徴…カロテノイドの一種。自然界に存在する黄や赤色色素の総称。

視覚機能にアプローチする効果

ルテインには、光のダメージから目を守るフィルターの役割があり、
また黄班変性症や白内障の予防にも役立ちます。

ルテインは抗酸化力が強く、アンチエイジング用スキンケア商品にも配合されています。

目元しかし、そのパワーは主に「目」に関して強く発揮されるので要注目です。紫外線やパソコン・スマートフォンのブルーライト、そして蛍光灯の光などから受けたダメージ(活性酸素の過剰発生)を軽減してくれるのです。特に近年問題視されているブルーライトに関しては、フィルターの役割も果たしてくれるんですよ。

ルテインは人体にもともと備わっている成分ですが、日々合成されるわけではなく、加齢とともに減少していきます。すると目にダメージが蓄積され、疲れやすくなります。さらに黄斑変性症(視野に黒い点が現れたり、事象が曲がって見えたりする)や、白内障(目の水晶体が濁ることで視力が低下する)を招くことにもなるのです。

上記のような病気は、60代を過ぎると誰にでも表れるエイジング現象なのですが、放置すると失明を招きます。その直接的な原因に「ルテインの減少」があるわけですから、人の目にとって、いかに大切な成分であるかがわかりますね。

ルテインは、比較的食事から摂取しやすい成分となっています。また油に溶けやすいので、炒め物などから摂ると吸収率も上がります。目の病気予防のためには、1日あたり10mg程度のルテインの摂取が推奨されていますので、サプリメントなどを活用して、効率よく摂取していくのもオススメですよ。

家族みんなで目の健康こだわりのブルーベリー・ビルベリーサプリ全部見せます!

CONTENTS

ページTOPへ