ヒアルロン酸

このページでは、ヒアルロン酸の「目」にアプローチする効果について調べています。

ヒアルロン酸は目にもいい!

肌だけでなく、目の潤いキープにも役立つのが、ヒアルロン酸です。

【基本情報】

  • ヒアルロン酸を含む食品…鶏の軟骨、鮭、フカヒレなど
  • 特徴…ムコ多糖体というネバネバした物質で、人体にもともと備わっている。

視覚機能にアプローチする効果

ヒアルロン酸は眼球内の「硝子体」に多く含まれており、
目の形状を正常にキープしてくれています。
また、目の乾き予防にも貢献してくれています。

女性イメージ1gで、500mlペットボトル12本分もの水分を抱え込める、ヒアルロン酸。その驚異的な保水力は、人体の各部位で潤いを保つために役立っています。みずみずしい素肌の実現はもちろん、骨と骨の間でクッションの役割を果たす軟骨の正常な働きをも、サポートしているのです。

ヒアルロン酸は、スキンケア商品や「関節の痛み改善」のために開発されたサプリメント商品に引っ張りだこの人気成分。そのため見落とされがちなのですが、実は眼球内でも重要な役割を果たしています

眼球は常に潤いを求めている器官であり、ヒアルロン酸のサポートが欠かせません。その保水力は目の乾燥を防ぎ、ネバネバとした弾性は眼の細胞間でクッションの役割を果たしてくれています。眼球が丸い形をしているのも、ヒアルロン酸のお陰だというのだから、驚きですね。

上記のように、人体にもともと存在し、大活躍しているヒアルロン酸ですが、加齢とともに減少していくことがわかっています。 またヒアルロン酸を含む食品は少なく、常食が難しい種類が多いため、サプリメントで効率的に補給していくのがおすすめ。

なおヒアルロン酸は分子構造が大きく、熱に弱いというウィークポイントがあるため、サプリを選ぶ際には加工法にも注目しておきたいところです。

またヒアルロン酸を配合した点眼液なども、眼球の乾き防止には有効なので、上手に活用してください。

家族みんなで目の健康こだわりのブルーベリー・ビルベリーサプリ全部見せます!

CONTENTS

ページTOPへ