【番外】目にいい食べ物一覧

このページでは、目にいい食べ物を紹介しています。

目にいい食べ物を知っておこう

「仕事でPCを使わない日はない」という人が増えています。オフィスワークに従事していなくとも「暇さえあればスマートフォンをいじっている」「つい何時間もテレビを見てしまう」…、いずれも眼精疲労を招く行為です。

さらにヘルシーアイに必要な栄養素の補給を怠っていると、結膜炎や角膜炎などの軽い病気から、失明の危険もある白内障などのリスクを高めてしまう可能性があります。

「目が見えなくなったら、どのくらい不自由か」を想像し、目に優しい食生活を考えていきましょう。以下に、その代表的な食品例10選を紹介していきます。

食品名 おすすめの理由
ブルーベリー 眼精疲労の素早い改善を助け、眼球内細胞の抗酸化にも役立つ成分・
アントシアニンを豊富に含んでいます。
レバー 角膜と結膜を保護するビタミンA、そして目の疲労回復を助ける
ビタミンB群がたっぷり含まれています。
うなぎ 角膜と結膜を保護するビタミンA、
目の疲労回復を助けるビタミンB群、
そして目の血流改善に役立つビタミンEと、
目に役立つが栄養素が豊富です。
緑黄色野菜 優れた抗酸化能力で、目の病気予防にも役立つビタミンCを摂るなら、
やはり緑黄色野菜です。
特にじゃがいもやほうれん草、キャベツなどは調理法も豊富なので、
ぜひ積極的に摂取したいものです。
果物 緑黄色野菜と同じく、ビタミンCを豊富に含んでいます。
いちごやキウイ、パイナップル、柿などは特におすすめです。
青魚 視神経と脳のスムーズな連携に役立つDHA・EPAは、
魚油の中にたっぷりと含まれます。
まぐろやいわし、さんまにブリなどの青魚は、毎日でも食べたいもの。
またメニューによっては煮汁までいただいて、しっかり栄養補給を。
紅鮭 DHA・EPAはもちろん、眼球内の活性酸素除去に役立つ
アスタキサンチンを豊富に含んでいます。
お魚メニューで迷ったら、まず鮭を選ぶと良いでしょう。
あん肝 ビタミンDやEなど、目の健康へ間接的に役立つ成分を含みます。
お鍋のおいしい季節や、海鮮料理を得意とする居酒屋へ訪れた際は、
ぜひチョイスしたい食材です。
緑茶 強い抗酸化力で、視覚機能の改善や緑内障の予防に役立つ
カテキンを含んでいます。
日常的に飲むなら、コーヒーより緑茶を選ぶ方が、目に良さそうです。

いかがでしょうか?食事から有効成分を上手に取り込みたいものですが、スケジュールによって、なかなかうまく運ばないケースもあるでしょう。

そんな時にはサプリメントを上手に活用し「目にいい成分」を積極的に摂取するよう、心がけてくださいね!

家族みんなで目の健康こだわりのブルーベリー・ビルベリーサプリ全部見せます!

CONTENTS

ページTOPへ