DHA・EPA

このページでは、DHA・EPAの「目」にアプローチする効果について調べています。

DHA・EPAは「目」でどう働く?

健康維持に役立つ成分DHA・EPAの摂取は、目の健康にも効果的です。

【基本情報】

  • DHA・EPAを含む食品…本まぐろ、まいわし、まだい、鮭、あじ、ぶり、
    さんまなど
  • 特徴…オメガ3系脂肪酸と呼ばれ、青魚の脂肪に多く含まれている。
    細胞膜の重要な構成成分であり、血流改善効果も高い。

視覚機能にアプローチする効果

DHA・EPAには視力を回復させる効果があります。
また老眼の改善にも良いと言われています。

欧米型で肉食中心の食生活が普及してきた今、日本人に不足し始めた栄養素として脚光を浴びているのが、青魚類に多く含まれるDHA・EPAです。

魚DHA・EPAは、脳や神経細胞などの細胞膜構成にとって欠かすことのできない成分です。目に関しては、特に網膜の形成に役立っています。

網膜は、角膜や水晶体を通ってきた光が像を結ぶ、大切な組織。この情報を脳に伝える役割も担っているので、網膜の状態を良好にキープしておくことが視覚にとって非常に重要なのです。

また、DHA・EPAにはいわゆる「血液サラサラ効果」があることもわかっています。充分な量を摂取することで全身の血流が改善されるのです。目においては視力の回復や、疲れ目・老眼の改善にも一定の効果が期待できます。

DHA・EPAは青魚に多く含まれているので、毎日の食生活の中で積極的に取り入れていきたいもの。「日本の子供の知能指数が高いのは、魚を食べ続けている結果だ」という研究報告もあるほどです。

とは言え、ただでさえ肉食が進んでいる日本の食卓で、1日に必要な摂取量を摂り続けるのは、難しくなってきています。また加熱調理すると損なわれやすいという成分特徴もあるので、サプリメントなどで上手に補充していきましょう。

また魚料理を食べる際は、煮汁なども残さずにいただくと、より多くのDHA・EPAを身体に取り込めるようです。

家族みんなで目の健康こだわりのブルーベリー・ビルベリーサプリ全部見せます!

CONTENTS

ページTOPへ