コラーゲン

このページでは、コラーゲンの「目」にアプローチする効果について調べています。

コラーゲンは目にもいい!

肌だけでなく、目の潤いキープにも役立つのが、ヒアルロン酸です。

【基本情報】

  • コラーゲンを含む食品…豚足、鶏や魚の皮、鶏軟骨、スジ肉、フカヒレなど
  • 特徴…たんぱく質の一種で、人体に元々備わっている。

視覚機能にアプローチする効果

コラーゲンは角膜の中にたっぷりと含まれています。
また水晶体の中では、ウィルスや細菌の侵入を防御する役割を果たしています。

美容アドバイス身体の弾力維持に欠かせない成分のひとつ・コラーゲン。皮膚や骨、血管などに多く含まれます。その弾力性を活かして美肌実現、関節痛の緩和、そして血管や骨を良好な状態にキープするなど、多彩に活躍してくれているのです。

このためコラーゲンは、スキンケア商品の花形成分のひとつ。「コラーゲンたっぷり」という宣伝文句は、女性にとって、とても魅力的に感じられることでしょう。また近年は、関節痛を和らげる高齢者向けサプリメントなどにも多く配合されています。

そんなコラーゲンは、眼球の中で角膜と水晶体に多く含まれます。角膜の「光を屈折させ、眼底に届ける役割」がなければ目は正常に機能しませんから、コラーゲンの存在は非常に重要。また、水晶体の中では層となって積み重なり、ウィルスなどから目を保護する役割を果たしてくれています。

しかしコラーゲンは、加齢とともに減少していく傾向にあります。放置しておくと視力低下を招いたり、目の病気にかかりやすくなるため、積極的に補給したいもの。コラーゲンを含む食品は、毎日の食生活に取り入れるのが難しいため、サプリで効率よく摂取するのがおすすめです。

ただしコラーゲンは分子が大きいので、低分子化した「コラーゲンペプチド」配合の商品がオススメです。身体への吸収率がグッと高まります。また一部の眼科では、ドライアイ治療に液体コラーゲンを点眼するという試みも実施されているようですよ。

家族みんなで目の健康こだわりのブルーベリー・ビルベリーサプリ全部見せます!

CONTENTS

ページTOPへ