今からできる疲れ目対策

このカテゴリでは、今からできる疲れ目対策を特集しています。

疲れ目対策あれこれ

現代人はパソコンやスマートフォンで目を酷使しています。目の老化現象は早くても40代以降から発生するものですが、今後状況が悪化してしまうかもしれません。疲れを感じたら、早めの対策を講じ、目を労わる習慣をつける必要がありそうです。以下にその方法をいくつか紹介しますので、参考にしてください。

温冷パック

眼精疲労の治療法のひとつとして、眼科でも採用されている方法です。具体的には熱いお湯か冷水を含ませたうえで絞ったタオルを目に当て、血行の改善に役立てます。

ショボつきには温タオル、充血には冷タオルがそれぞれ適していますが、両方の症状が自覚されるようなら、温冷タオルを交互に充てるのも良いでしょう。

特に冷タオルは、水を含ませたうえで冷蔵庫に常備しておくと、便利です。

指圧

  • テーブルに肘をつき、握りこぶしを頬骨の下に充て、強く押したまま20秒程度。これを3回繰り返す。
  • テーブルに肘をつき、人差し指・中指・薬指の3本を眼球下の骨(頭蓋骨の目の下の部分)にひっかけ、下に引っ張るようなイメージで20秒程度固定。これを3回繰り返す。

上記2つの指圧で目の周りの血行が改善。眼下のクマ対策にも有効です。

目の体操

  • 一度目をぎゅっと閉じたうえで開ける。
  • 黒目を上下左右に動かす。
  • 細かなまばたきを繰り返す。
  • 近くのものを見た後、遠くのものを見る。この動作を繰り返す。

仕事中でもできる上記のような体操で、目がリフレッシュされます。

サプリで栄養補給

上記のような方法でリフレッシュするだけでなく、目に栄養を補給してあげることも大切。著名なアントシアニンをはじめ、ルテインやヒアルロン酸、コラーゲンやビタミンC・B群、そしてDHAなど、目に良い成分は枚挙に暇がありません。

しかし日常の食生活の中で、充分に補給していくのはなかなかむずかしいもの。近年は数多くの「目にいいサプリメント」が研究開発され、手軽に入手できるようになっています。飲用習慣を積極的に付けるようにして下さいね。

サプリメントで疲れ目対策!
おすすめブルーベリー&ビルベリーサプリをチェック>>

家族みんなで目の健康こだわりのブルーベリー・ビルベリーサプリ全部見せます!

CONTENTS

ページTOPへ